ドイツ社会民主党の戦後史 : 国民政党の実践と課題

書誌事項

ドイツ社会民主党の戦後史 : 国民政党の実践と課題

ペーター・レッシェ, フランツ・ヴァルター著 ; 岡田浩平訳

三元社, 1996.3

タイトル別名

Die SPD : Klassenpartei-Volkpartei-Quotenpartei

タイトル読み

ドイツ シャカイ ミンシュトウ ノ センゴシ : コクミン セイトウ ノ ジッセン ト カダイ

大学図書館所蔵 件 / 128

内容説明・目次

内容説明

本書は二十世紀のドイツ社会民主党の変化を取り扱う。社会民主党の党員、党支持の有権者、党綱領の解釈、党の文化、世代や党のシンボルの変遷、党の牙城といえる所や勢力の弱い所における変化、そうした変化を生み出す軋轢や抗争、対決に関する事柄など、これらが本書のテーマである。

目次

  • 第1部 ヴァイマル時代の社会民主党—国民政党への途上に?(国民政党と議会主義;ドイツ社会の社会学—社会民主党の社会学。緊張と接近;社会民主党の開かれた党への試み—反発と制約 ほか)
  • 第2部 西ドイツ時代の社会民主党—伝統的集団からゆるい結びつきのアナーキーへ?(社会構造と社会。ヴァイマル時代以降の変化;労働者生活圏と中間階級居住区の間で。社会民主党支持の有権者;綱領、シンボル、アイデンティティー論議 ほか)
  • 第3部 結論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14262474
  • ISBN
    • 4883030318
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    526p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ