書誌事項

自律訓練法

佐々木雄二編著

(講座サイコセラピー, 3)

日本文化科学社, 1995.5

4刷

タイトル読み

ジリツ クンレンホウ

大学図書館所蔵 件 / 46

注記

記述は初版4刷(1995.5)による

監修: 内山喜久雄, 高野清純

付録「日本自立訓練学会会則(抄)」: p209-212. 文献: p[213]-217

内容説明・目次

内容説明

自律訓練法は、極めて優れた「非特異的心身調整法」であるので、単に心身症や神経症の治療法として用いられるばかりでなく、より積極的に健康増進法としても利用されるし、教育場面では集中力や持続力の育成に、企業ではストレス緩和法や創造性開発法の中に組み込んで、また、スポーツの領域ではあがり対策やイメージ・トレーニングのバックアップなどにも用いられている。

目次

  • 自律訓練法
  • 標準練習
  • 自律訓練法の緒技法
  • 症例
  • 集団への応用
  • 自律訓練法の現況と今後の課題—指導資格問題を中心に

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN1430177X
  • ISBN
    • 4821061414
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 221p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ