ブルゴーニュ家 : 中世の秋の歴史

書誌事項

ブルゴーニュ家 : 中世の秋の歴史

堀越孝一著

(講談社現代新書, 1314)

講談社, 1996.7

タイトル読み

ブルゴーニュ ケ : チュウセイ ノ アキ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 203

内容説明・目次

内容説明

ヴァロワ家フランスとハプスブルク家ドイツの間に台頭する新勢力ブルゴーニュ家。中世の金色の風景の中に一つの国家を構想した侯家四代の盛衰を描く。

目次

  • 1 ガンの祭壇画
  • 2 1420年代、三すくみのフランス
  • 3 アラスで綱引き
  • 4 おひとよしはネーデルランドの君主
  • 5 王家と侯家の通貨戦争
  • 6 ブルゴーニュもの、フランスもの
  • 7 もうひとつのブルゴーニュもの、フランスもの
  • 8 金羊毛騎士団
  • 9 むこうみずの相続
  • 10 垂髪の女たちのブルゴーニュ侯家
  • 11 ねらいはロタールの王国か
  • 12 シャルルが帰ってきたとき払い

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14739351
  • ISBN
    • 4061493140
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    292p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ