書誌事項

図書館資源の共有理念とその検証

日本図書館学会研究委員会編

(論集・図書館情報学研究の歩み, 第16集)

日外アソシエーツ , 紀伊國屋書店 (発売), 1996.8

タイトル読み

トショカン シゲン ノ キョウユウ リネン ト ソノ ケンショウ

大学図書館所蔵 件 / 229

注記

引用・参考文献: 各章末

収録内容

  • 図書館資源共有の理論モデルのための枠組み / 石井啓豊 [執筆]
  • 資源共有と図書館の将来 / 宮部頼子 [執筆]
  • 現物貸借の現状と物流の課題 / 吉田昭, 加藤信哉 [執筆]
  • 専門主題の文献・情報センターと外国雑誌センターの現状 / 郡司良夫 [執筆]
  • 「電子図書館」システムと資源共有 : 日本の次世代プロジェクトを中心に / 兼松芳之 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

本書では、在来型の図書館相互協力の枠組みに新たに登場した電子メディアあるいはネットワーク情報資源をも射程に入れた上で、協力関係が深まりつつある図書館間の資源共有の理念を捉え直そうとした。

目次

  • 図書館資源共有の理論モデルのための枠組み
  • 資源共有と図書館の将来
  • 現物貸借の現状と物流の課題
  • 専門主題の文献・情報センターと外国雑誌センターの現状
  • 「電子図書館」システムと資源共有—日本の次世代プロジェクトを中心に

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ