ウェーバーとその社会 : 知識社会と権力

書誌事項

ウェーバーとその社会 : 知識社会と権力

上山安敏著

(Minerva人文・社会科学叢書, 7)

ミネルヴァ書房, 1996.7

  • : 新装版

タイトル読み

ウェーバー ト ソノ シャカイ : チシキ シャカイ ト ケンリョク

大学図書館所蔵 件 / 140

内容説明・目次

内容説明

十九世紀末葉から第一次世界大戦、ワイマル共和国の樹立へと至る激動期ドイツにおいて、マックス・ウェーバーは社会の諸矛盾と格闘し、自ら学問と政治の結節点に身を置いた。本書は、ウェーバーの思想を政治体制や権力構造との相関においてとらえたウェーバー研究の古典的名著。時代の文化潮流の中で、彼の思想像を生態学的視角からえがきだす。

目次

  • 第1篇 ウェーバーと知識社会(ドイツ・アカデミズム;一八九三年‐九四年のウェーバー ほか)
  • 第2篇 社会と権力構造(権威的階層制社会;議会制 ほか)
  • 第3篇 学問と政治(価値判断論争—価値自由;神々の闘争と講壇禁欲 ほか)
  • 第4篇 学問の生態学(思想と風土;社会意識の転換 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14879055
  • ISBN
    • 4623026698
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    7, 345, 8p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ