書誌事項

経路積分の方法

大貫義郎, 鈴木増雄, 柏太郎著

(岩波講座現代の物理学 / 江沢洋 [ほか] 編, 12)

岩波書店, 1996.9

第2刷

タイトル読み

ケイロ セキブン ノ ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

第2次刊行で補章付加

参考書・文献: p221-224. 索引: 巻末

内容説明・目次

内容説明

本書は、経路積分法の基礎から応用までを、素粒子論と物性論の両面から統一的に解説する。前半では、通常の量子力学を出発点に経路積分を正準量子化から導き、場の量子論への適用をはかる。後半では、代数的一般化と量子モンテカルロ法など最新の成果を盛り込みつつ、物性物理への応用を述べる。

目次

  • 1 経路積分表示
  • 2 摂動論とWKB法
  • 3 一般化への道
  • 4 場の理論への適用
  • 5 量子モンテカルロ法
  • 6 代数的一般化
  • 7 物性物理の諸問題

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14933412
  • ISBN
    • 400010442X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 230p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ