どこまで解ける西洋の算法 : 大数学者たちが愛した問題

書誌事項

どこまで解ける西洋の算法 : 大数学者たちが愛した問題

中村義作著

(ブルーバックス, B-1151)

講談社, 1996.12

タイトル別名

どこまで解ける西洋の算法

西洋の算法 : どこまで解ける

タイトル読み

ドコ マデ トケル セイヨウ ノ サンポウ : ダイスウガクシャ タチ ガ アイシタ モンダイ

大学図書館所蔵 件 / 173

注記

問題を収録 (または引用) した洋書: p223-224

数学史の参考書: p224-225

内容説明・目次

内容説明

西洋の算法には、多種多様なものがある。数当てや念力のように楽しい題材をとり上げたもの、三角数や平方数のように不思議な数を調べるもの、組み合わせや確率のように日常生活に密着するもの、1次や2次の不定方程式の解法のように算法の真髄に迫るもの、…などである。本書は、代表的な古典を通して、その全貌を捉え、「問題・解答」の形式で、西洋の数学者たちが遺した驚異の足跡をたどる。これら先賢たちの思考回路は、読者にもきっと参考になるだろう。頭のトレーニングにぜひどうぞ。

目次

  • 初級編(数当て;念力;数の計算 ほか)
  • 中級編(川渡り;金品の分配;天びん ほか)
  • 上級編(約数と公約数;組み合わせ;級数の和 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15660836
  • ISBN
    • 406257151X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    236p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ