書誌事項

核融合エネルギーのはなし

近藤育朗, 栗原研一, 宮健三著

(Science and technology)

日刊工業新聞社, 1996.12

タイトル読み

カクユウゴウ エネルギー ノ ハナシ

大学図書館所蔵 件 / 74

注記

参考文献リスト: p165-167

内容説明・目次

内容説明

原子力の研究開発の中で「核融合」が重みを増し、大規模化するなかで、関係する技術分野および技術者の裾野が近年目立って広がりつつある。この状況を背景に、核融合開発の現状を見通せる読み物が求められていることも事実である。本書はトカマクを中心に、現状での技術を基礎に置いた核融合炉の作り方マニュアルとでもいうべきものを試み、それを通じて読者に開発の現状と課題の理解を促そうとするものである。

目次

  • 第1章 核融合を含めたエネルギー事情—核融合エネルギーはなぜ必要なのか?
  • 第2章 核融合反応
  • 第3章 核融合反応利用のさまざまな試み
  • 第4章 磁場核融合
  • 第5章 核融合炉概念
  • 第6章 トカマク炉心設計手順
  • 第7章 トカマク・プラズマの現状—課題と打開策
  • 第8章 炉工学上の開発要素および課題
  • 第9章 トカマク核融合炉課題の整理

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN16068858
  • ISBN
    • 4526039527
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2, 4, 167p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ