トマス・アクィナス倫理学の研究

書誌事項

トマス・アクィナス倫理学の研究

稲垣良典著

(長崎純心大学学術叢書, 1)

九州大学出版会, 1997.3

タイトル別名

トマスアクィナス倫理学の研究

タイトル読み

トマス・アクィナス リンリガク ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 149

注記

巻末(xip): 事項・人名索引

内容説明・目次

内容説明

本書はトマス・アクィナスの倫理学に関して著者がこれまでに書いた論文のなかから比較的最近のものを選んでまとめたものである。

目次

  • 第1部 序論—トマス倫理学の基本的性格(トマスにおける倫理学の概念;トマス倫理学における至福 ほか)
  • 第2部 人格と徳(トマスにおける徳の概念;対神徳の問題 ほか)
  • 第3部 自然法の問題(知慮と自然法;自然法論における歴史性と形而上学 ほか)
  • 第4部 道徳と宗教(道徳と宗教;真のレリギオについて)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ