書誌事項

差異と同一化 : ポストコロニアル文学論

山形和美編

研究社出版, 1997.3

タイトル読み

サイ ト ドウイツカ : ポスト コロニアル ブンガクロン

大学図書館所蔵 件 / 205

注記

内容: ポストコロニアル文学論序説, I(「場所を変えた読み」-「英文学制度とコンラッドの「青春」」), II(「ピューリタンたちのアイルランド」-「マイケル・オンダーチェ」), III(「マイノリティ・リーディングを超えて」-「『テンペスト』とポストコロニアル批評」), あとがき(山形和美), 執筆者一覧

参考文献: 論題末

収録内容

  • ポストコロニアル文学論序説 / 山形和美 [執筆]
  • 場所を変えた読み : ポストコロニアル批評の展開 / ピーター・ヒューム [執筆] ; 加藤行夫訳
  • サンティアゴの変容 / 大橋洋一 [執筆]
  • 責任あるエイジェンシー : ポストモダニズム、ポストコロニアリズム、フェミニズム / 竹村和子 [執筆]
  • 「重い存在」の「知」を表象するテクスト : 「地上学」の展開 / 荒木正純 [執筆]
  • 女性という擬態 : ポストコロニアル批評の条件 / 小野俊太郎 [執筆]
  • キング・コングのニューヨーク : 帝国主義、博物館、プリミティヴィズム / 宮本陽一郎 [執筆]
  • 英文学制度とコンラッドの「青春」 : 日本におけるポストコロニアル批評の課題 / 齋藤一 [執筆]
  • ピューリタンたちのアイルランド : アイルランド植民地化のイデオロギー / 小野功生 [執筆]
  • たたずむ三人の女 : ブレイクのポストコロニアル・ヴィジョン / 今泉容子 [執筆]
  • 一〇〇一年ヴィンランドの旅 : ポウ、ブロック、マーロウ / 巽孝之 [執筆]
  • 身体/世界地図 : 『タイピー』とメディカル・コロニアリズム / 竹谷悦子 [執筆]
  • 業を見据える原点 : ウィリアム・フォークナーの「インディアン」 / 森田孟 [執筆]
  • 現代演劇の神話化と私物化 : ベケット時代の終焉とポストコロニアリズム / 加藤行夫 [執筆]
  • 屋根裏を出た狂女 : ジーン・リースの『広い藻の海』 / 木村政則 [執筆]
  • デレック・ウォルコットのポストコロニアリズム : 「邸宅の廃墟」をめぐって / 徳永暢三 [執筆]
  • キーツィーの『鉄の時代』における「人間の都市」 : 「地獄篇」との重層関係 / シーラ・ロバーツ [執筆] ; 森田孟訳
  • 文学作品の社会問題化過程 : 『悪魔の詩』事件の文学社会学的考察 / 大熊栄 [執筆]
  • マイケル・オンダーチェ : 無国籍への情念 / 大熊昭信 [執筆]
  • マイノリティ・リーディングを超えて : 『ヴェニスの商人』の地政学とカルチュラル・ポリティクス / 末廣幹 [執筆]
  • 「リメンバー、セント・クリスピン」 : 『ヘンリー五世』と記憶の政治学 / 本橋哲也 [執筆]
  • 『テンペスト』とポストコロニアル批評 : 倫理批評の彼岸 / 太田信良 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

旧植民地が政治・経済的支配からの解放をかち得てもなお、世界のいたるところに、さまざまなかたちで残存する「帝国主義」。ネオコロニアル的状況のなか、文化的支配からの解放はいかに達成されつつあるのか、あるいは達成されうるのか—シェイクスピアからキング・コング、日本製アニメまで、従来の文学批評の枠にとらわれない、多極化時代の豊饒性あふれる論考22篇。

目次

  • ポストコロニアル文学論序説
  • 場所を変えた読み
  • サンティアゴの変容
  • 責任あるエイジェンシー
  • 「重い存在」の「知」を表象するテクスト
  • 女性という擬態
  • キング・コングのニューヨーク
  • 英文学制度とコンラッドの「青春」
  • ピューリタンたちのアイルランド
  • たたずむ三人の女〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA30085797
  • ISBN
    • 4327481343
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    390p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ