書誌事項

近代世界の公共宗教

ホセ・カサノヴァ著 ; 津城寛文訳

玉川大学出版部, 1997.5

タイトル別名

Public religions in the modern world

タイトル読み

キンダイ セカイ ノ コウキョウ シュウキョウ

大学図書館所蔵 件 / 107

注記

原書(University of Chicago Press, 1994)の全訳

内容説明・目次

内容説明

本書は、公共宗教の新たな段階での復興というグローバルな現象を、スペイン、ポーランド、ブラジル、アメリカ合衆国という四つの地域における、カトリシズムとプロテスタンティズムという二つの宗教的伝統を事例として、論じている。

目次

  • 1章 世俗化と啓蒙主義と近代宗教
  • 2章 私的宗教と公共宗教
  • 3章 スペイン—国家教会から公認廃止へ
  • 4章 ポーランド—国民の教会から市民社会へ
  • 5章 ブラジル—寡頭制の教会から民の教会へ
  • 6章 福音主義プロテスタンティズム—市民宗教から根本主義セクト、新キリスト教右翼へ
  • 7章 合衆国におけるカトリシズム—私的デノミネーションから公的デノミネーションへ
  • 8章 近代宗教の脱私事化

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ