書誌事項

日本近代詩とキリスト教

佐藤泰正著

(佐藤泰正著作集 / 佐藤泰正著, 10)

翰林書房, 1997.10

タイトル読み

ニホン キンダイシ ト キリストキョウ

大学図書館所蔵 件 / 136

内容説明・目次

内容説明

本書に収めた賢治論も、透谷論、藤村論も、後のそれぞれの仕事の萌芽、というよりも、すでにその核心をなすものである。本書の特色は、透谷と藤村、朔太郎と暮鳥、さらには重吉と天平という対比の論及にあり、それらは互いを照射して、おのずからに自身の本体をあらわすかともみえる。

目次

  • 1 八木重吉と草野天平(八木重吉—その一側面;草野天平覚書 ほか)
  • 2 宮沢賢治—そのキリスト教観(「銀河鉄道の夜」と挽歌をめぐって;「空明と傷痍」その他をめぐって ほか)
  • 3 透谷と藤村(透谷—「楚囚之詩」をめぐって;透谷—「蓬莱曲」 ほか)
  • 4 朔太郎と暮鳥(朔太郎—「浄罪詩篇」;朔太郎—「宿命」の散文詩篇をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ