唐から見た遣唐使 : 混血児たちの大唐帝国

書誌事項

唐から見た遣唐使 : 混血児たちの大唐帝国

王勇著

(講談社選書メチエ, 125)

講談社, 1998.3

タイトル読み

トウ カラ ミタ ケントウシ : コンケツジタチ ノ ダイトウ テイコク

大学図書館所蔵 件 / 197

内容説明・目次

内容説明

世界帝都・長安。この百万都市をめざした遣唐使五千人は、唐朝から札節と容姿を賞賛される。科拳に合格、唐高官となった阿部仲麻呂、周囲に才能を嫉妬された吉備真備ほかのエリート。唐との架け橋となった彼らとその子たちを通し、古代300年にわたる日中交流の実態を描きだす。

目次

  • 序章 遣唐使の時代
  • 第1章 長安を闊歩した若者たち(異国のロマンス;阿部仲麻呂の青春;環俗の僧たち)
  • 第2章 時代の幸運児
  • (玄宗の寵を受けた弁正親子;万葉の歌人・羽栗吉麻呂;天翔ける翼;黒い瞳の喜娘)
  • 第3章 混血児哀話(吉備真備の落胤;古代名匠異聞;文化使節への憧れ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ