書誌事項

ヨーロッパ中世人の世界

新倉俊一著

(ちくま学芸文庫)

筑摩書房, 1998.3

タイトル読み

ヨーロッパ チュウセイジン ノ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

底本: 「ヨーロッパ中世人の世界」(筑摩書房, 1983年11月刊)

内容説明・目次

内容説明

「愛は十二世紀の発明である」—たとえば、この逆説とも響く主張を、ヨーロッパ中世文学の華、トルバドゥール詩歌や『トリスタン物語』を題材に検証するとどうなるか。あくまで同時代に流布したテクストから出発し、時代の文脈を逸脱することなく、中世人たちの愛と死、そして夢の世界を情熱的な文章で綴る、文学・歴史エッセイ集。

目次

  • 中世の知識人—アベラールとその後裔たち
  • 中世人と死
  • 中世人と夢
  • 中世人の法意識
  • 中世の「近親相姦」伝承
  • 愛、十二世紀の発明
  • 司祭アンドレの『恋愛術』
  • モロワの森の恋人たち
  • ファブリオ、コント、ノヴェレ
  • ファブリオの世界
  • 悪女伝『リシュー』
  • トルバドゥール芸術とアラビア文化
  • ある写本の話
  • 海の星—Stella Maris

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35523803
  • ISBN
    • 4480084142
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    412p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ