書誌事項

ニーチェ : 真理の迷路

湯田豊著

(丸善ライブラリー, 267)

丸善, 1998.5

タイトル読み

ニーチェ : シンリ ノ メイロ

大学図書館所蔵 件 / 122

注記

年表: p221-224. 参考文献: p226-228

内容説明・目次

内容説明

“神は死んだ”“超人の思想”“永遠への回帰”…さまざまな言葉で語られるニーチェ哲学。その本質はどこにあるのか。本書ではニーチェの残した言葉を数多く引用することによって、その本質を彼自身に語らせ、時代を超えた哲学者ニーチェの全体像を抽出しようとする。

目次

  • 1 ニーチェの生涯と作品
  • 2 悲劇の誕生—アポロとディオニュソス
  • 3 教育者および教育批評家としてのニーチェ
  • 4 真理の迷路
  • 5 パースぺクティヴィズム
  • 6 超人、および力への意思
  • 7 等しい事物の永遠の回帰
  • 8 モラルの問題
  • 9 ニヒリズム、および現代性の批判
  • 10 反キリスト、反イエス
  • 11 ニーチェとナチズム
  • 12 二十世紀におけるニーチェのイメージ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ