勉強力をつける : 認識心理学からの発想

書誌事項

勉強力をつける : 認識心理学からの発想

梶田正巳著

(ちくま新書, 165)

筑摩書房, 1998.7

タイトル読み

ベンキョウリョク オ ツケル : ニンシキ シンリガク カラ ノ ハッソウ

大学図書館所蔵 件 / 121

注記

参考文献: p217-218

内容説明・目次

内容説明

優れた認識、応用力の高いたくましい知識を身につけるには、どうしたらよいか?その途のエキスパートが培った「勉強法」や「ノウハウ」をどのように理解するか?本書では、人間の知的活動を研究する認識心理学・教育心理学から、学んだり教えたりするときの心の働きに、まず本質的問いを発する。その上に立って学習法や教育のあり方を描き、ひいては人間の成長・発達について進むべき方向を案内する。

目次

  • 第1章 内面からの発想—基本的問い(意味移植にたとえる;スレ違いへの感度—ハトは何羽? ほか)
  • 第2章 認識をうながす方法—目覚ましの機能(課題研究の重要性—卒業研究の体験から;認識形成の流れ—問題解決の三段階 ほか)
  • 第3章 認識に熟達する方略—エキスパートの驚異の練習法(英語会話能力をつける—くり返しの効用;テストに対処する法—受験数学 ほか)
  • 第4章 ネットワーク型認識への接近—壁をこえて(認識の特徴—エキスパートの記憶力;抽象と具象の壁—生活文化の束縛 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA36702488
  • ISBN
    • 448005765X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    218p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ