クルマ社会アメリカの模索

書誌事項

クルマ社会アメリカの模索

西村弘著

白桃書房, 1998.7

タイトル読み

クルマ シャカイ アメリカ ノ モサク

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

文献: p233-250

内容説明・目次

内容説明

本書は、クルマ社会からの脱却の展望をアメリカの経験に依りながら探ろうとしたものである。

目次

  • 序章 都市と自動車
  • 1章 アメリカ都市公共交通の衰退と再生—「クルマが鉄道を滅ぼした」?
  • 2章 アメリカ道路自動車交通の発達と諸問題
  • 3章 アメリカ公共交通の全体像と公共交通批判
  • 4章 1991年総合陸上交通効率化法(ISTEA)成立の意義—道路と公共交通プログラムのフレキシビリティ
  • 5章 ISTEA以後の地域交通政策の展開—広域的交通政策の必要性と課題
  • 6章 シリコンバレーの公共交通—サンタクララ渓谷交通局(VTA)の模索
  • 7章 スタンフォード大学のマルガリータ—カリフォルニア州における交通需要管理と大学
  • 8章 クルマ社会の鉄道計画—ロサンゼルス郡交通局(MTA)の苦悩
  • 終章 都市と公共交通—アメリカ都市公共交通の課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ