書誌事項

空間充填曲線とフラクタル

H. ザーガン著 ; 鎌田清一郎訳

シュプリンガー・フェアラーク東京, 1998.12

タイトル別名

Space-filling curves

タイトル読み

クウカン ジュウテン キョクセン ト フラクタル

大学図書館所蔵 件 / 132

注記

原著 (Springer-Verlag, 1994) の邦訳

文献: p[225]-235

内容説明・目次

内容説明

本書は、巡回セールスマン問題、画像処理など、情報関係の分野で応用され、成果を上げている「空間充填曲線(space‐filling curve)」の、日本語で初めての入門書。日本では「ペアノ曲線」として知られているこの曲線は、イタリアの数学者ジュゼッペ・ペアノによって、1890年に初めてその例が与えられ、以後、ヒルベルト、ムーア、ルベーグ、シェルピンスキーらによって、様々な生成方法が探求されてきた。彼らの業績をふまえ、図を豊富に用いて、簡潔、平明に記述されている。さらに、それぞれの数学者の略歴が写真とともに紹介されており、歴史的な背景も知ることができる。

目次

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 ヒルベルトの空間充填曲線
  • 第3章 ペアノの空間充填曲線
  • 第4章 シェルピンスキーの空間充填曲線
  • 第5章 ルベーグの空間充填曲線
  • 第6章 線分の連続像
  • 第7章 シェーンベルクの空間充填曲線
  • 第8章 正のルベーグ測度を持つジョルダン曲線
  • 第9章 フラクタル

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA38759282
  • ISBN
    • 4431707751
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 243p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ