書誌事項

近代絵画の誕生一八六三年

ガエタン・ピコン著 ; 鈴木祥史訳

人文書院, 1998.12

タイトル別名

1863, naissance de la peinture moderne

近代絵画の誕生一八六三年

タイトル読み

キンダイ カイガ ノ タンジョウ センハッピャクロクジュウサンネン

大学図書館所蔵 件 / 113

注記

ガエタン・ピコン著作目録: p234-242

内容説明・目次

内容説明

ナポレオン三世による「落選者展覧会」に出品されたマネの「草上の昼食」が巻き起こしたスキャンダル。ここには神話に基づく前代の非現実的な絵画とは異なった現在性、瞬間性があった。市民社会の成立とともに出現した近代絵画—立体派、象徴派、シュルレアリスムまで水脈をつなぐ「芸術と文明」「絵画と現実性」の視点に立ったフランス文学・芸術批評家として名高い著者の記念碑的著作。

目次

  • 「落選者展覧会」
  • 非現実的な世界の終焉
  • 芸術と文明
  • 絵画と現実性
  • 新しい画像
  • 新しい距離
  • 痕跡、記号、瞬間
  • 一八六三年と現代

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA39044686
  • ISBN
    • 4409100106
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    248p, 図版 [1] 枚
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ