信長の親衛隊 : 戦国覇者の多彩な人材

書誌事項

信長の親衛隊 : 戦国覇者の多彩な人材

谷口克広著

(中公新書, 1453)

中央公論社, 1998.12

タイトル読み

ノブナガ ノ シンエイタイ : センゴク ハシャ ノ タサイ ナ ジンザイ

大学図書館所蔵 件 / 251

注記

収載人名事典: p212-250

内容説明・目次

内容説明

強烈な個性で迅速果敢に中世的権威を否定し戦国乱世を勝ち抜いた信長には、戦場で本陣を固める馬廻や小姓といった強者たちのほかに、秘書や吏僚として治世や文化などの面で活躍する近臣・近従がいたことを忘れてはならない。彼らは職業や出自を問わぬ信長に見出だされ、その才能を惜しみなく発揮し、信長の手足となって献身的におのおのの本分を尽くした。本書は、これら無名に近い近従たちに光を当てながら新たな信長像に迫る。

目次

  • 第1部 家臣団の中の近臣たち(信長の近臣;信長の家臣団;立身出世の道;馬廻の活躍;異色の馬廻たち)
  • 第2部 近習活躍の軌跡(初期の近習たち;第三世代の近習たち;万見仙千代と森蘭丸;老近習、健在なり;エリート近習の出世街道;本能寺の変以後の信長近習)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ