世界の教育改革 : 21世紀への架ヶ橋

書誌事項

世界の教育改革 : 21世紀への架ヶ橋

佐藤三郎編

東信堂, 1999.3

タイトル読み

セカイ ノ キョウイク カイカク : 21セイキ エノ カケハシ

大学図書館所蔵 件 / 214

注記

文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

書名は簡潔さを求められるので、『世界の教育改革—21世紀への架ケ橋』とした。世界といえば、本書で取り上げた国以外にも論じるべき国は多々あろう。今回は紙幅及び情報量や研究の蓄積等もにらみ合わせ、日本と関係の深い主要国を重点的に取り扱うことにした。本書の特色の一つは、努めて最新の教育改革に触れること、もう一つは可能な限り日本教育への示唆を書き入れたことである。

目次

  • アメリカ
  • イギリス—ナショナル・カリキュラムと教師の姿勢
  • フランス—強い伝統:自由と責任
  • ドイツ—着実に普及拡大しているシュタイナー学校
  • ロシア—ペレストロイカ後の大転換
  • 中国—迅速で大胆な改革に取り組む
  • 韓国—21世紀に向けた「世界化」戦略
  • オーストラリア—発展著しい多文化主義教育
  • 学校文化とは何か
  • 世界の大学・高等教育改革—日米比較を中心に
  • 日本の教育改革の動向

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA40953120
  • ISBN
    • 4887132875
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiv, 283p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ