クローゼットの認識論 : セクシュアリティの20世紀

書誌事項

クローゼットの認識論 : セクシュアリティの20世紀

イヴ・コゾフスキー・セジウィック著 ; 外岡尚美訳

青土社, 1999.7

タイトル別名

Epistemology of the closet

タイトル読み

クローゼット ノ ニンシキロン : セクシュアリティ ノ 20セイキ

大学図書館所蔵 件 / 258

注記

原著(c1990)の翻訳

内容説明・目次

内容説明

同性愛を異質化し、周縁へと追いやる異性愛主義は、19世紀末に始まったものにすぎない。メルヴィル、ニーチェ、プルーストなどを読み解きながら、その中にホモ/ヘテロセクシュアルの分断を不可能にする揺れを発見し、セクシュアリティの混沌を見つめる意欲作。

目次

  • 公理風に
  • クローゼットの認識論
  • 二項対立論(『ビリー・バット』—ホモセクシュアルのいなくなった後で;ワイルド、ニーチェ、男の身体をめぐるセンチメンタルな関係)
  • クローゼットの野獣—ヘンリー・ジェイムズとホモセクシュアル・パニックの書
  • プルーストとクローゼットの見せ物

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA41887349
  • ISBN
    • 479175722X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    376, viiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ