書誌事項

英語の正書法 : その歴史と現状

ジョルジュ・ブルシェ著 ; 米倉綽, 内田茂, 高岡優希訳

荒竹出版, 1999.6

タイトル別名

L'orthographe de l'anglais : histoire et situation actuelle

タイトル読み

エイゴ ノ セイショホウ : ソノ レキシ ト ゲンジョウ

大学図書館所蔵 件 / 86

注記

参考文献: p235-240

内容説明・目次

内容説明

本書は英語の正書法の史的な面と現在の状況を精緻に論じた研究書である。大部分は英語の音声的および音韻的体系と書記体系の発達を解き明かすことに費やされているが、この論述を通して著者は、綴字がどの程度まで音変化を反映しているか、綴字が音変化にうまく歩調を合わせられなかった理由は何であったのかといった疑問を明らかにしてくれる。少なくとも18世紀までは英語の書記体系の不安定さの理由の一つは音韻論が常に「一音一字」の体系として規定されえない点にあったことを具体的な例を豊富にあげて指摘するなど、文字体系に係わる諸問題に詳しい検討を加え、綴字改革についても一つの章をあてているのが特徴である。

目次

  • 第1章 文字法と書記体系に関する一般的考察
  • 第2章 古英語からノルマン人による英国征服、そして言語的過渡期の書記法
  • 第3章 中英語時代の書記法
  • 第4章 近代初期以後の英語の正書法
  • 第5章 正書法改革への計画と試み

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA42306430
  • ISBN
    • 4870431459
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 246p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ