ヒバクシャ・シネマ : 日本映画における広島・長崎と核のイメージ

書誌事項

ヒバクシャ・シネマ : 日本映画における広島・長崎と核のイメージ

ミック・ブロデリック編著 ; 柴崎昭則, 和波雅子訳

現代書館, 1999.8

タイトル別名

Hibakusha cinema : Hiroshima, Nagasaki and the nuclear image in Japanese film

ヒバクシャシネマ : 日本映画における広島長崎と核のイメージ

タイトル読み

ヒバクシャ・シネマ : ニホン エイガ ニオケル ヒロシマ・ナガサキ ト カク ノ イメージ

大学図書館所蔵 件 / 128

注記

Hibakusha cinemaの抄訳

本書で言及された作品リスト: p255-263

内容説明・目次

内容説明

日本映画は原爆をどう描いているか。原爆映画の本格的評論集。

目次

  • 第1章 「もののあわれ」—映画の中のヒロシマ
  • 第2章 ゴジラと日本の悪夢—転移が投射に変わる時
  • 第3章 日本のマンガとアニメーション
  • 第4章 『AKIRA』—核戦争以後の崇高
  • 第5章 占領期の日本映画が描いた原爆
  • 第6章 中心にあるかたまり—『広島・長崎における原子爆弾の効果』
  • 第7章 極端な無垢の時代—黒沢の夢と狂詩曲
  • 第8章 黒沢明と核時代
  • 第9章 抑制された表現—小説・映画『黒い雨』における語りの戦略
  • 第10章 「死と乙女」—文化的ヒロインとしての女性被爆者、そして原爆の記憶の政治学

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA42466619
  • ISBN
    • 4768467598
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    268p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ