書誌事項

ユダヤ古代誌

フラウィウス・ヨセフス著 ; 秦剛平訳

(ちくま学芸文庫, [ヨ-7-1]-[ヨ-7-6])

筑摩書房, 1999.10-2000.3

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

タイトル別名

Antiquitates Judaicae

タイトル読み

ユダヤ コダイシ

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

1979-84年 山本書店刊「ユダヤ古代誌」(旧約時代篇 全6巻, 新約時代編 全5巻)を再編集したもの

1: 旧約時代編1-4巻. 2: 旧約時代篇5-7巻. 3: 旧約時代篇8-11巻. 4: 新約時代篇12-14巻. 5: 新約時代篇15-17巻. 6: 新約時代篇18-20巻

内容説明・目次

巻冊次

1 ISBN 9784480085313

内容説明

ヨーロッパのキリスト教徒や知識人たちにもっとも広く読まれてきた『ユダヤ古代誌』。天地創造から説き起こし、紀元後66年のユダヤ戦争直前までの記述で終わる全20巻は、ヨセフスが敗軍の指揮官のひとりとしてローマに降ったのち、皇帝の厚遇のもとに書かれた。政治的には親ローマ派であり、思想的にはユダヤ教、ユダヤ文化の弁護者であったヨセフスの大著は、ユダヤ史を知るうえできわめて貴重な史料であるばかりでなく、イエスと同時代の散逸した記述を数多く含む文献として、キリスト教徒たちの関心をひきつけてきた。原著1〜4巻までを収める文庫版第1巻は、天地創造からアブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフをへてモーセの事蹟に言及する。

目次

  • 天地と人間の創造
  • 人類の堕落/神の処罰と和解
  • アブラハム物語
  • イサクとヤコブ物語
  • ヨセフ物語
  • エジプトでのイスラエル人とモーセの誕生
  • エジプトがこうむった九つの災禍
  • 出エジプトと紅海の奇蹟
  • シナイ山への行進と到着
  • シナイ山での出来事—十戒の授与〔ほか〕
巻冊次

2 ISBN 9784480085320

内容説明

ヨーロッパのキリスト教徒や知識人たちにもっとも広く読まれてきた『ユダヤ古代誌』。天地創造から説き起こし、紀元後66年のユダヤ戦争直前までの記述で終わる全20巻は、ヨセフスが敗軍の指揮官のひとりとしてローマに降ったのち、皇帝の厚遇のもとに書かれた。政治的には親ローマ派であり、思想的にはユダヤ教、ユダヤ文化の弁護者であったヨセフスの大著は、ユダヤ史を知るうえできわめて貴重な史料であるばかりでなく、イエスと同時代の散逸した記述を数多く含む文献として、キリスト教徒たちの関心をひきつけてきた。原著5〜7巻までを収める文庫版第2巻は、カナン征服ののち、ダビデ、ソロモンによるイスラエル王国の樹立と発展をたどる。

目次

  • カナン侵入と征服
  • 士師時代
  • サムソン物語
  • ルツ物語
  • サムエル物語(前半)
  • サムエル物語(後半)
  • サウル物語—サウル、イスラエルの初代の王となる
  • サウルとダビデ
  • ダビデ、ユダ部族の王となる
  • ダビデ、イスラエル統一王国の王となる
  • ソロモンの即位
巻冊次

3 ISBN 9784480085337

内容説明

ヨーロッパのキリスト教徒や知識人たちにもっとも広く読まれてきた『ユダヤ古代誌』。天地創造から説き起こし、紀元後66年のユダヤ戦争直前までの記述で終わる全20巻は、ヨセフスが敗軍の指揮官のひとりとしてローマに降ったのち、皇帝の厚遇のもとに書かれた。政治的には親ローマ派であり、思想的にはユダヤ教、ユダヤ文化の弁護者であったヨセフスの大著は、ユダヤ史を知るうえできわめて貴重な史料であるばかりでなく、イエスと同時代の散逸した記述を数多く含む文献として、キリスト教徒たちの関心をひきつけてきた。原著8〜11巻までを収める文庫版第3巻は、ソロモンの即位から、バビロン捕囚を経て、旧約世界の終焉にいたる。

目次

  • ソロモン物語
  • ソロモンの神殿と王宮
  • 分裂王国時代
  • ユダ、イスラエル王国通史
  • サマリアの陥落とイスラエル王国の終焉
  • ユダ王国史
  • ユダ王国史—バビロン捕囚とエレミヤの警告
  • エルサレム陥落とユダ王国の終焉
  • ダニエル物語
  • バビロン捕囚からの帰還と神殿再建
  • エステル物語
  • アレクサンドロス大王とユダヤ人
巻冊次

4 ISBN 9784480085344

内容説明

ヨーロッパのキリスト教徒や知識人たちにもっとも広く読まれてきた『ユダヤ古代誌』。天地創造から説き起こし、紀元後66年のユダヤ戦争直前までの記述で終わる全20巻は、ヨセフスが敗軍の指揮官のひとりとしてローマに降ったのち、皇帝の厚遇のもとに書かれた。政治的には親ローマ派であり、思想的にはユダヤ教、ユダヤ文化の弁護者であったヨセフスの大著は、ユダヤ史を知るうえできわめて貴重な史料であるばかりでなく、イエスと同時代の散逸した記述を数多く含む文献として、キリスト教徒たちの関心をひきつけてきた。原著12〜14巻までを収める文庫版第4巻は、『聖書』の翻訳、マッカバイオス戦争、アサモナイオス王朝の旧約・新約の間の200年。

目次

  • アレクサンドリアにおける聖書の翻訳—七十人訳聖書成立の伝承
  • エジプトとシリアのはざまで
  • マッカバイオス戦争(その一)—アサモナイオス一族の反乱とユダスの死
  • マッカバイオス戦争(その二)
  • ユダヤ独立とアサモナイオス朝(その一)—シモンの支配(前一四四‐一三六年)
  • アサモナイオス朝(その二)—ヒュルカノス一世の支配(前一三六‐一〇五年)
  • アサモナイオス朝(その三)—アリストブロスの支配(前一〇五‐一〇四年)
  • アサモナイオス朝(その四)—アレクサンドロス・ヤンナイオスの支配(前一〇四‐七八年)
  • アサモナイオス朝(その五)—サロメ・アレクサンドラの支配(前七八‐六九年)
  • アリストブロス二世による統治(前六七‐六三年)—ポンペイオスのエルサレム占領とユダヤ再編成
  • ヒュルカノス二世による統治(前六三‐四〇年)—アンティゴノス二世による統治(前四〇‐三七年)
  • ソッシオスとヘロデによるエルサレム包囲と占領—アサモナイオス朝の終焉
巻冊次

5 ISBN 9784480085351

内容説明

ヨーロッパのキリスト教徒や知識人たちにもっとも広く読まれてきた『ユダヤ古代誌』。天地創造から説き起こし、紀元後66年のユダヤ戦争直前までの記述で終わる全20巻は、ヨセフスが敗軍の指揮官のひとりとしてローマに降ったのち、皇帝の厚遇のもとに書かれた。政治的には親ローマ派であり、思想的にはユダヤ教、ユダヤ文化の弁護者であったヨセフスの大著は、ユダヤ史を知るうえできわめて貴重な史料であるばかりでなく、イエスと同時代の散逸した記述を数多く含む文献として、キリスト教徒たちの関心をひきつけてきた。原著15〜17巻までを収める文庫版第5巻は、ローマの傀儡ヘロデによるパレスチナ支配の栄耀栄華と、その悲惨な最期。

目次

  • ヘロデによる統治(前37‐25年)—権力確立のための時期
  • ヘロデによる統治(前25‐13年)—全盛時代
  • ヘロデによる統治
  • ヘロデ家の内紛
  • ヘロデの建造物その他
  • 宮廷内の軋轢の深刻化
  • ヘロデの息子たちの最期
  • アンティパトロスの策謀
  • ヘロデの死(前四年)
  • ヘロデの死後の混乱
巻冊次

6 ISBN 9784480085368

内容説明

ヨーロッパのキリスト教徒や知識人たちにもっとも広く読まれてきた『ユダヤ古代誌』。天地創造から説き起こし、紀元後66年のユダヤ戦争直前までの記述で終わる全20巻は、ヨセフスが敗軍の指揮官のひとりとしてローマに降ったのち、皇帝の厚遇のもとに書かれた。政治的には親ローマ派であり、思想的にはユダヤ教、ユダヤ文化の弁護者であったヨセフスの大著は、ユダヤ史を知るうえできわめて貴重な史料であるばかりでなく、イエスと同時代の散逸した記述を数多く含む文献として、キリスト教徒たちの関心をひきつけてきた。原著18〜20巻までを収める文庫版第6巻は、ヨセフスのキリスト証言を挾み、ユダヤがローマの属州となり、破滅への道を辿る。

目次

  • ユダヤ、ローマの属州となる(後六年‐)
  • ヨセフスのいわゆる「キリスト証言」
  • アグリッパス一世の統治(三七年‐)
  • ガイオス・カリグラ帝の暗殺
  • クラウディオス、皇帝に即位
  • アグリッパス一世の支配(四一‐四四年)
  • ローマ総督支配下のユダヤ
  • アディアベネ王家の改宗物語
  • 大祭司制
  • ローマ総督支配下のユダヤ—破滅への道

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA43782658
  • ISBN
    • 9784480085313
    • 9784480085320
    • 4480085335
    • 4480085343
    • 9784480085351
    • 9784480085368
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    gre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    6冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ