書誌事項

山伏 : 入峰・修行・呪法

和歌森太郎著

(中公新書, 48)

中央公論新社, 1999.10

タイトル読み

ヤマブシ : ニュウブ シュギョウ ジュホウ

大学図書館所蔵 件 / 43

注記

復刻版

参考文献: p196

内容説明・目次

内容説明

兜巾、白衣の結袈裟、錫杖をつき、笈を背に法螺貝をふく、いまでも出羽三山、大峰山中に出没する山伏—。年二回先達に従って入峰し、水断、穀断、懺悔、相撲などの苛酷な修行で体得した験力により、加持祈祷の呪法を行なう彼らのなかには、中世の最盛期を過ぎると修行を忘れ、まじない師に堕するものもあらわれた。本書は、民間信仰に仏教が結びついて完成された修験道の真髄を、山伏の奇怪な行事、生態のなかにさぐる。

目次

  • 1 山伏の印象
  • 2 山伏の起り
  • 3 中世山伏の活動
  • 4 峰入り修行
  • 5 山伏の組織化
  • 6 定着山伏の実態

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA45237163
  • ISBN
    • 4121700481
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4, 196p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ