後醍醐天皇 : 南北朝動乱を彩った覇王

書誌事項

後醍醐天皇 : 南北朝動乱を彩った覇王

森茂暁著

(中公新書, 1521)

中央公論新社, 2000.2

タイトル読み

ゴダイゴ テンノウ : ナンボクチョウ ドウラン オ イロドッタ ハオウ

大学図書館所蔵 件 / 263

注記

主要参考文献: p188-194

付: 天皇家略系図

内容説明・目次

内容説明

後醍醐天皇は、鎌倉幕府を倒し南北朝時代の幕を開けた動乱の立役者、天皇親政を復活させ全国支配の規範を示した専制君主、死後も怨霊として足利政権に影を落としつづけた存在と幾つもの貌を持つ。本書では、彼に討幕を決意させた両統迭立の中での立場や、その王権を特異ならしめる芸能や密教への深い関心、海外との交流を当時の社会的文脈に即して読み解き、後醍醐政権の歴史的役割を探るとともに、多面的な後醍醐像を提示する。

目次

  • 第1章 後醍醐政権成立の背景
  • 第2章 後醍醐の登場とその環境
  • 第3章 討幕志向の形成・展開
  • 第4章 後醍醐天皇と国分寺—長門・周防
  • 第5章 後醍醐政権の特質
  • 第6章 怨霊の跳梁と鎮魂

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ