書誌事項

モーツァルト二つの顔

磯山雅著

(講談社選書メチエ, 182)

講談社, 2000.4

タイトル別名

モーツァルト=二つの顔

タイトル読み

モーツァルト フタツ ノ カオ

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

ブック・ガイド: p239-245

内容説明・目次

内容説明

天真爛漫、無邪気な天才—。それはモーツァルト一流の「演技」だった。冷徹な計算、シニカルな人間描写、社会変革への情熱。最新の研究にもとづいて名曲の数々を聴き直し、その「魅力」と「毒」の根源に迫る。推薦CDガイド付き。

目次

  • 第1章 モーツァルトの新しい顔
  • 第2章 「晩年の危機」の真実
  • 第3章 民衆のなかへ—沃野開く最後の年
  • 第4章 「伝記」をつくった人びと
  • 第5章 「演技」とユーモア—歌曲の世界
  • 第6章 フィオルディリージ五態—成長する女性の姿
  • 第7章 シンフォニーを聴き直す
  • 第8章 目録の謎
  • 第9章 モーツァルトとバッハ
  • 補章 本書のためのCD選

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ