往生考 : 日本人の生・老・死 : 国立歴史民俗博物館国際シンポジウム

書誌事項

往生考 : 日本人の生・老・死 : 国立歴史民俗博物館国際シンポジウム

宮田登, 新谷尚紀編

小学館, 2000.5

タイトル別名

往生考 : 日本人の生老死 : 国立歴史民俗博物館国際シンポジウム

タイトル読み

オウジョウコウ : ニホンジン ノ セイ・ロウ・シ : コクリツ レキシ ミンゾク ハクブツカン コクサイ シンポジウム

大学図書館所蔵 件 / 192

注記

タイトル関連情報は背より

本書は、1998年11月18日から21日にかけて行われた、1998年度・国立歴氏民俗博物館COE国際シンポジウム「生・老・死 : 日本人の人生観--内からの眼・外からの眼」における発表及び討論での発言をもとに加筆、一部新たに書き下ろしたものである

内容説明・目次

内容説明

かつて人びとは「老い」に成熟や知恵というプラス面を見出し、生きがいをもって老いを愉しみ、尊び、いたわり、そして死を受け入れてきた。日本人の死生観がどのように形づくられ、変わってきたかを明らかにし、これからの長寿社会を豊かに生きる知恵—「老いの価値」を再考する。

目次

  • 1 老い(歴史世界における老い;現代社会と老い)
  • 2 死(死の境界;死の意味)
  • 3 生きがい(現代社会と生きがい;生きがいを宗教に探る)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ