バッハへの旅 : その生涯と由縁(ゆかり)の街を巡る

書誌事項

バッハへの旅 : その生涯と由縁(ゆかり)の街を巡る

加藤浩子文 ; 若月伸一写真

東京書籍, 2000.6

タイトル別名

Die Reise zu Johann Sebastian Bach : sein Leben und seine Städte

バッハへの旅 : その生涯と由縁の街を巡る

タイトル読み

バッハ エノ タビ : ソノ ショウガイ ト ユカリ ノ マチ オ メグル

大学図書館所蔵 件 / 148

注記

参考文献: p346

バッハ略年表: p347-351

内容説明・目次

内容説明

我が国ではまだ紹介されていないバッハの足跡を、最新の現地取材をもとに、数多くの貴重な写真と、その人間性の深い理解に基づいたエッセイでたどる、バッハ入門者にも、そしてバッハを極めた人にも必携の一冊!あなたの知らないバッハがここにいる。

目次

  • アイゼナッハ
  • オールドルフ
  • リューネブルク
  • ツェレ
  • アルンシュタット
  • リューベック
  • ミュールハウゼン
  • ドルンハイム
  • ヴァイマル
  • エアフルト〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46898637
  • ISBN
    • 4487794374
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    351p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ