ゲノム機能 : 発現プロファイルとトランスクリプトーム

書誌事項

ゲノム機能 : 発現プロファイルとトランスクリプトーム

松原謙一編

(ポストシークエンスのゲノム科学, 2)

中山書店, 2000.9

タイトル読み

ゲノム キノウ : ハツゲン プロファイル ト トランスクリプトーム

大学図書館所蔵 件 / 220

注記

文献: 節末

内容説明・目次

内容説明

本書では、遺伝子プロファイルの収集、どんな遺伝子が、いつ、どこで、どれだけ働いているかというデータを集め、成長や病気、あるいは薬剤投与などによってそのプロファイルがどう変動するかを調べてデータベース化する。トランスクリプトームを論ずる。

目次

  • 第1章 発現プロファイル、トランスクリプトーム(発現プロファイル解析技術;発現プロファイルとトランスクリプトーム;枯草菌のトランスクリプトーム解析;大腸菌のトランスクリプトーム解析)
  • 第2章 多細胞生物系の発現プロファイル研究(発生と発現プロファイル;ヒト癌の遺伝子発現プロファイル解析の現況と展望;in situハイブリダイゼーションによる発現地図)
  • 第3章 情報の解析(マイクロアレイデータの解析;医学知識を機械に伝える—BOBプロジェクト;トランスクリプトームを支配する法則)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ