イスラーム的 : 世界化時代の中で

書誌事項

イスラーム的 : 世界化時代の中で

大塚和夫著

(NHKブックス, 899)

日本放送出版協会, 2000.11

タイトル読み

イスラームテキ : セカイカ ジダイ ノ ナカ デ

大学図書館所蔵 件 / 286

注記

参照文献: p277-285

内容説明・目次

内容説明

世界的問題としての「中東和平」は混沌のなかにある。聖地エルサレムをめぐる抗争が激化している。解決への光明は、見出されるのだろうか。西欧文明と対峙するイスラームという文明の姿はいまだヴェールの向こうにあるようだ。著者は、数年にわたるエジプト・サウディアラビア・スーダンでの人類学的調査を経て、「イスラーム的なるもの」とは何かを問う。21世紀の世界新潮流は、イスラーム抜きには語れない。

目次

  • 第1部 イスラームとは何か—人類学的アプローチ(原風景;ユダヤ教・キリスト教・イスラーム;メッカ巡礼;ムスリムの聖者 ほか)
  • 第2部 原理主義・ファンダメンタリズム・イスラーム主義—宗教復興の時代(イスラーム復興との出会い;イスラーム主義とイスラーム復興;オブジェクト化されたイスラーム;ワッハーブ主義的イスラーム ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ