書誌事項

新聞があぶない

本郷美則著

(文春新書, 144)

文藝春秋, 2000.12

タイトル読み

シンブン ガ アブナイ

大学図書館所蔵 件 / 112

注記

より深い理解のために,お奨めしたい近年の文献: 225-226p

内容説明・目次

内容説明

新聞の果たすべき最も重要な機能は「批判」である。そして、その批判は新聞自身にもおよぶべきだ。新聞社が各種の公的規制のもとで享受しているいろいろの特権、いっこうになくならない悪質な講読勧誘商法、営利第一主義のもと、紙面にあふれる記事とまぎらわしい大広告、そしてまったく開示されない経営内容…。新聞が書かないこれらの実態を徹底的に探り、鋭い分析を加え、新聞が批判精神を取り戻し、読者の信頼を回復する道を具体的に示した問題作。

目次

  • 第1章 ドラッジ・レポート
  • 第2章 新聞の信頼度調査は何を物語るか
  • 第3章 インターネットへ走り出す
  • 第4章 有価証券報告書と記者クラブ
  • 第5章 宅配制度と表裏の再販制度
  • 第6章 新聞社経営と新聞販売店経営
  • 終章 新聞に未来はあるか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA49733735
  • ISBN
    • 416660144X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    230p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ