書誌事項

インフルエンザ大流行の謎

根路銘国昭著

(NHKブックス, 907)

日本放送出版協会, 2001.1

タイトル読み

インフルエンザ ダイリュウコウ ノ ナゾ

大学図書館所蔵 件 / 205

注記

世界と日本における推定および確認されたインフルエンザ流行: p[6]

参考文献・図書: p250-252

内容説明・目次

内容説明

ヨーロッパ列強が拮抗した第一次世界大戦の帰趨を決めたスペインかぜ。ウイルスのルーツとルートに光をあてたアジアかぜと香港かぜ。1997年の返還香港で150万羽の鶏に死をもたらした新型ウイルス。なぜ、幾たびも強力なインフルエンザが出現し、地球規模で猛威をふるうのか。シーズンによって流行の規模、症状の重さに違いが出るのはなぜなのか。トリとブタとヒトの遺伝子を取り込んで瞬く間に進化を遂げたウイルスによって、それまでに経験したことのない毒性をもつ病気へと変貌するインフルエンザ。第一人者が流行と感染、ウイルス変異の仕組みを遺伝子レベルから解き明かし、インフルエンザに対する個人レベルの予防策と社会的な対抗策を捉え直す。

目次

  • プロローグ 追跡!スペインインフルエンザ
  • 第1章 インフルエンザの流行史
  • 第2章 殺し屋ウイルスの正体
  • 第3章 ウイルスのライフサイクル—限りない挑戦
  • 第4章 動物のインフルエンザ—種の壁を突破した殺し屋
  • 第5章 巧妙な遺伝子の戦略—変幻自在のウイルス
  • 第6章 知られざるインフルエンザ危害
  • 第7章 インフルエンザの予防と治療
  • エピローグ 返還香港からニワトリが消えた

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ