書誌事項

PTSD人は傷つくとどうなるか

加藤進昌, 樋口輝彦, 不安・抑うつ臨床研究会編

日本評論社, 2001.2

タイトル別名

PTSD : 人は傷つくとどうなるか

タイトル読み

PTSD ヒト ワ キズツク ト ドウナルカ

大学図書館所蔵 件 / 203

注記

文献: 項末

内容説明・目次

内容説明

いやな思い出がいつまでも私を苦しめる。地震、交通事故、レイプ、いじめ、親兄弟からの虐待。こころに残った大きな傷、かつての大事件の記憶が、今でも鮮やかによみがえり、苦しんではいませんか。それはPTSDと呼ばれる病気かもしれません。

目次

  • 第1部 PTSDとは何か(PTSDとは何か;ストレスと脳—PTSDの脳内メカニズム;PTSDの生理学的所見と脳画像;PTSDと薬物療法;PTSDの認知行動療法 ほか)
  • 第2部 PTSDの症例(自然災害におけるPTSD;被虐待児のこころのケアについて考える;性暴力被害におけるPTSD;国際テロ事件の人質におけるPTSDとその予防;パニック障害とPTSD ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA5091646X
  • ISBN
    • 4535981876
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 221p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ