大工道具から世界が見える : みんなで語ろう : 建築・民俗・歴史そして文化

書誌事項

大工道具から世界が見える : みんなで語ろう : 建築・民俗・歴史そして文化

西和夫編著 ; 朝岡康二 [ほか述]

五月書房, 2001.3

タイトル読み

ダイク ドウグ カラ セカイ ガ ミエル : ミンナ デ カタロウ : ケンチク ミンゾク レキシ ソシテ ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 64

注記

「国際シンポジウム 海を渡った大工道具」 (開催日時: 2000年4月22日・於 神奈川大学) の記録, および「展覧会 海を渡った大工道具」 (開催日時: 2000年4〜9月・於 長崎・神戸・横浜・佐倉) の講演記録と展示図録掲載論文の一部をまとめたもの

参考文献: p209-214

内容説明・目次

内容説明

大工道具は、建築を作るために使われる。大工道具を見ると、その時代の建築を作る技術が、さらには作られた建築の意匠と技術の諸相が見えてくる。また、建築はその時代の社会を反映して成立するから、道具を見ると時代と社会が見えてくる。道具のこと、職人のこと、建築のこと、多角的視点から歴史と文化を考察した試みの総まとめ。

目次

  • 1 国際シンポジウム 海を渡った大工道具(講演 オランダへ渡った大工道具;講演 出島オランダ商館長の見た日本—大工道具が示す日蘭交流;講演 建築と道具—建築家の立場から;鼎談 道具、職人、そして歴史—三人で文化を語ろう)
  • 2 展覧会 海を渡った大工道具(講演 職人と道具を語る;論考 大工道具の調査経緯と研究の意義—大工道具展にちなんで)
  • 3 対談 大工道具を通して歴史を語る

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52161083
  • ISBN
    • 4772703411
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    217p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ