情報文明の日本モデル : TRONが拓く次世代IT戦略

書誌事項

情報文明の日本モデル : TRONが拓く次世代IT戦略

坂村健著

(PHP新書, 173)

PHP研究所, 2001.10

タイトル読み

ジョウホウ ブンメイ ノ ニホン モデル : TRON ガ ヒラク ジセダイ IT センリャク

大学図書館所蔵 件 / 100

内容説明・目次

内容説明

世界中の人々がネットワークで瞬時に結ばれる情報文明の新時代。いま日本がなすべきは、ブロードバンドの普及率を他国と競うことでも、経済状況の変化に一喜一憂することでもない。モバイルを強みとする独自のモデルをいかにして確立するか。そして、グローバリズムの波に抗して、いかにして自らイニシアティブをとり、多様なるアジア文化を発信していくか。世界でもっとも使われる組み込みOS・TRONを開発し、今なお意欲的な挑戦を続ける著者が次世代IT社会への戦略を大いに語る。

目次

  • 第1章 「追いつけ、追い越せ」思想からの脱却(リアルな認識の必要性;アメリカ追従思考は時代遅れ ほか)
  • 第2章 時代がTRONに追いついた(TRONとは何か;なぜTRONプロジェクトを始めたのか ほか)
  • 第3章 日本発OS「超漢字」(情報の根幹は「言語」と「文字」;ユニコードのどこが間違っているのか ほか)
  • 第4章 IT革命、次なる展開(IT社会の光と影;まだ残された課題 ほか)
  • 第5章 情報文明の日本モデル

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ