民俗学運動と学校教育 : 民俗の発見とその国民化

書誌事項

民俗学運動と学校教育 : 民俗の発見とその国民化

小国喜弘著

東京大学出版会, 2001.12

タイトル別名

The folklore studies movement and school education : the discovery of folk customs and their nationalization

タイトル読み

ミンゾクガク ウンドウ ト ガッコウ キョウイク : ミンゾク ノ ハッケン ト ソノ コクミンカ

大学図書館所蔵 件 / 179

注記

欧文タイトルは標標題紙裏による

著者の博士学位請求論文「学校教育における民俗学の受容に関する史的研究 : 民俗の発見とその国民化」 (東京大学大学院教育学研究科、 1999年) を圧縮し、加筆修正したもの

引用・参考文献: p241-251

内容説明・目次

目次

  • 第1部 民俗学運動の成立(民間伝承の会の設立と小学校教育;生活組織の発見—竹内利美の郷土教育;慣行自治の再生—宮本常一の教育実践;生活語の復権—三上斎太郎の方言詩教育;大戦下における民俗学運動)
  • 第2部 民俗学運動の再編成(民間伝承の会から日本民俗学会へ;日本史の再構築—和歌森太郎の歴史教育論;民俗知識の体系化—成城学園初等学校における社会科カリキュラムの開発;郷土教育の継承と展開—都丸十九一の「村がら」教育;忘れられた問い)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA54831507
  • ISBN
    • 4130562037
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 258, 4p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ