パーソンズと社会学理論の現在 : T・Pと呼ばれた知の領域について

書誌事項

パーソンズと社会学理論の現在 : T・Pと呼ばれた知の領域について

油井清光著

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 2002.10

タイトル別名

パーソンズと社会学理論の現在 : あるいはT・Pと呼ばれた知の領域

タイトル読み

パーソンズ ト シャカイガク リロン ノ ゲンザイ : T P ト ヨバレタ チ ノ リョウイキ ニツイテ

大学図書館所蔵 件 / 156

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

近代を生き尽くすことで近代を踏み破る可能性を開示するT・P=タルコット・パーソンズ。この知的巨人の営みを、アーカイブズに眠っていた未公刊草稿に光をあてることで、クリティカルな論争の場の最前線から捉え直す意欲作。

目次

  • 第1章 パーソンズの“失われたジンメル論”—或る未公刊草稿をめぐって
  • 第2章 もうひとつの収斂—シカゴ学派、ジンメル、そしてパーソンズ
  • 第3章 現代アメリカの「文化」とパーソンズ
  • 第4章 パーソンズにおける「社会的共同体」と公共性
  • 第5章 収斂理論そして/あるいは近代の収斂
  • 第6章 社会学と国民国家そしてグローバリゼーション
  • 第7章 ナショナリズムとホロコースト—もう一人のパーソンズをもとめて
  • 第8章 パーソンズとデモクラシー—「状況の定義」としての社会危機
  • 第9章 アメリカに死す—ウォーナーと二人のパーソンズ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59203964
  • ISBN
    • 4790709604
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    v, 263p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ