社会思想の歴史 : ヘーゲル・マルクス・ウェーバー

書誌事項

社会思想の歴史 : ヘーゲル・マルクス・ウェーバー

生松敬三著

(岩波現代文庫, 学術 ; 89)

岩波書店, 2002.11

タイトル別名

社会思想の歴史 : ヘーゲルマルクスウェーバー

タイトル読み

シャカイ シソウ ノ レキシ : ヘーゲル・マルクス・ウェーバー

大学図書館所蔵 件 / 167

注記

社会思想史略年表: p215-226

参考文献: p227-230

1969年3月、日本放送出版協会より刊行されたものに思想家の没年、書籍の刊行年などについての記述を補足し文庫化

内容説明・目次

内容説明

ヘーゲルの市民社会論・国家論を、マルクスはどう克服して唯物史観を確立したのか。それに対して、「合理化」を基本視角にすえたウェーバーの宗教社会学、無意識の世界を探索したフロイトの精神分析学はどのように関わり独自の光を投げかけたのか。西洋近代思想史の本流を大きくとらえた、簡潔で平明な叙述による初学者のための恰好の入門書。

目次

  • 「社会」の発見
  • ロックとルソー—自然法と社会契約
  • カント—市民社会と世界市民
  • ドイツ・ロマン主義—有機体的国家観
  • ヘーゲル(市民社会と国家;弁証法と歴史)
  • ヘーゲルからマルクスへ—ヘーゲル学派の分裂
  • マルクス(ヘーゲル哲学批判;疎外された労働;唯物史観)
  • テンニエス—ゲマインシャフトとゲゼルシャフト
  • ウェーバー(宗教社会学の視角;資本主義の「精神」;近代の運命としての合理化)
  • マルクスとウェーバー—物質的利害と理念
  • フロイト(意識と無意識のダイナミズム;文化の居心地わるさ)
  • マルクスとフロイト—社会と無意識
  • 現代社会思想の問題

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ