書誌事項

ポストドラマ演劇

ハンス=ティース・レーマン著 ; 谷川道子 [ほか] 訳

同学社, 2002.11

タイトル別名

Postdramatisches Theater

タイトル読み

ポストドラマ エンゲキ

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

原著 (Frankfurt am Main : Verlag der Autoren, 1999) の全訳

参考文献: 巻末p31-42

その他の訳者: 新野守広, 本田雅也, 三輪玲子, 四ツ谷亮子, 平田栄一朗

内容説明・目次

内容説明

「ポストドラマ演劇」とは、たとえばハイナー・ミュラーやロバート・ウィルソン、あるいはピナ・バウシュやヤン・ファーブルなどの仕事に見られるような、ドラマ以後の演劇である。ドイツの演劇研究者H・Th・レーマンによる本書は、1960年代から今日までの新しい舞台形式の展開に関する、その美的手段のパノラマ、国際的な演劇の豊富な実践例、同時に理論的な考察を含んだ、待望の叙述である。

目次

  • 第1章 ドラマ
  • 第2章 前史
  • 第3章 ポストドラマ演劇のパノラマ
  • 第4章 パフォーマンス
  • 第5章 テクスト
  • 第6章 空間
  • 第7章 時間
  • 第8章 身体
  • 第9章 メディア

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59770829
  • ISBN
    • 4810201376
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    373, 42p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ