ひきこもれ : ひとりの時間をもつということ

書誌事項

ひきこもれ : ひとりの時間をもつということ

吉本隆明著

大和書房, 2002.12

タイトル読み

ヒキコモレ : ヒトリ ノ ジカン オ モツ ト イウ コト

大学図書館所蔵 件 / 90

内容説明・目次

内容説明

「一人」は孤独なのか。「ひきこもり」であると自認する著者が指摘する「集団」は「一人」より強いか。社会の嘘、学校の嘘。

目次

  • 第1章 若者たちよ、ひきこもれ—コミュニケーション能力を過大視するな
  • 第2章 不登校について考える—「偽の厳粛さ」を子どもは見抜く
  • 第3章 子どものいじめ、そして死について—「傷ついた親」が「傷つく子ども」をつくる
  • 第4章 ぼくもひきこもりだった—きらめく才能よりも、持続する力が大事
  • 第5章 ひきこもりから社会が見える—ぼくがいま考えていること

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59793143
  • ISBN
    • 4479390952
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    177p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ