書誌事項

教会カンタータ : ライプツィヒ時代

クリストフ・ヴォルフ, トン・コープマン編著 ; 礒山雅監訳

(バッハ=カンタータの世界 / クリストフ・ヴォルフ, トン・コープマン編著 ; 礒山雅監訳, 3)

東京書籍, 2002.12

タイトル別名

Johann Sebastian Bachs Leipziger Kirchenkantaten

タイトル読み

キョウカイ カンタータ : ライプツィヒ ジダイ

大学図書館所蔵 件 / 74

注記

参考文献: p421-424

内容説明・目次

内容説明

傑作ばかりが横溢する、宝石箱のようなライプツィヒ時代のカンタータ。惜しみなく投入される高度な技術、音楽表現の深い内容—音楽学的・神学的・文化的諸条件から論及した本シリーズの最終巻。

目次

  • 第1部 作曲家とその世界(バッハのライプツィヒ時代の教会カンタータ—レパートリーとコンテクスト;バッハの同時代による教会カンタータ創作;バッハ就任以前のトーマス・カントル職—宗教改革以降の伝統と歴史;ライプツィヒの主要教会における典礼と音楽;バッハ—カントルとカペルマイスター)
  • 第2部 作品とその世界(歌詞と歌詞作者;バッハのライプツィヒ・カンタータの神学的諸相;バッハ配下の演奏者たち—編成と組織;シンフォニア;合唱曲;レチタティーヴォとアリア;コラール;音楽による歌詞解釈—その継続性と変遷;バッハの合唱隊とオーケストラ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59803360
  • ISBN
    • 4487793831
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    445p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ