書誌事項

よみがえる古代思想

佐々木毅著

(「哲学と政治」講義, 1)

講談社, 2003.2

タイトル読み

ヨミガエル コダイ シソウ

大学図書館所蔵 件 / 130

内容説明・目次

内容説明

ポリス最大の悪徳“ヒュブリス”とは何か。ソクラテスの倫理革命、プラトンの哲人王論、アリストテレスの政体論から古代ローマの政治論争まで、第一人者が語る古代思想の真髄。

目次

  • 第1章 ソクラテス以前とソクラテス—人間にとっての政治(掟、ノモス、傲慢;ギリシア的な政治—ポリスと自由人 ほか)
  • 第2章 プラトン—哲人王の意味するもの(イデアと人間;魂と政治)
  • 第3章 アリストテレス—ポリスと人間の諸相(経験的分析の視座;実践の概念と学問分類 ほか)
  • 第4章 ヘレニズム諸派の時代へ—大帝国の出現と脱ポリスの哲学(アリストテレスとギリシア的伝統;ヘレニズム世界と哲学の変容 ほか)
  • 第5章 古代ローマの哲学と政治論—政治の意味と無意味(ローマのジレンマ;キケロ ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ