書誌事項

チベットのモーツァルト

中沢新一[著]

(講談社学術文庫, [1591])

講談社, 2003.4

タイトル読み

チベット ノ モーツァルト

大学図書館所蔵 件 / 193

注記

原本: せりか書房(1983.11)刊

内容説明・目次

内容説明

密教の実践的研究を通して、チベット高原の仏教思想と現代思想が幸福な邂逅をとげる—。物質に対する執着に眼を曇らされた闇を抜け、いまだ顕れ出ることのない純粋な未発の光に満ちたもう一つの夜を渡る旅へ。“精神の考古学”を駆使して新たな知の時代を切り拓き、思想の大海を軽やかに横断し続ける著者の代表作、待望の文庫化。

目次

  • 本の調律
  • 孤独な鳥の条件—カスタネダ論
  • チベットのモーツァルト—クリステヴァ論
  • 極楽論
  • 風の卵をめぐって
  • 病のゼロロジック—暴力批判論
  • マンダラあるいはスピノザ的都市
  • 夢見の技法
  • 丸石の教え
  • 視覚のカタストロフ—見世物芸のために
  • 着衣の作法 脱衣の技法
  • ヌーベル・ブッディスト
  • 砂漠の資本主義者

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA61698644
  • ISBN
    • 4061595911
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    332p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ