看護研究の理論と領域

著者

    • Archbold, Patricia G.

書誌事項

看護研究の理論と領域

[Patricia G. Archboldほか執筆]

(『看護研究』アーカイブス / 中島紀恵子 [ほか] 編集, 第1巻)

医学書院, 2003.4

タイトル読み

カンゴ ケンキュウ ノ リロン ト リョウイキ

大学図書館所蔵 件 / 209

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

1967年創刊の雑誌「看護研究」第1〜25巻のなかから選ばれた、看護研究の進歩の歴史を知り、研究のあり方を学ぶ上で貴重な論文を収録した第1巻。

目次

  • A 看護研究に活用する理論(看護理論を活用するために—システム理論に影響を受けた看護理論に焦点を当てて;理論と研究の接点—サポートの概念に焦点を当てて;Crisis Theory)
  • B 研究の構想の理解のために(研究とその発展—言語心理学の課題から;概念枠組の明確化について;因果関係の考え方 ほか)
  • C 他領域における調査研究(文化人類学における調査研究;疫学における調査研究;社会心理学における調査研究)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA61818677
  • ISBN
    • 4260332716
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    295p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ