確率の悪魔 : 科学理論と現実のはざま

書誌事項

確率の悪魔 : 科学理論と現実のはざま

本田成親著

(K+K press)

工学図書, 2003.5

タイトル読み

カクリツ ノ アクマ : カガク リロン ト ゲンジツ ノ ハザマ

大学図書館所蔵 件 / 120

内容説明・目次

内容説明

明日は必ずやって来る—人間は固くそう信じて疑わない。だからこそ、暦をつくって未来に備えて種をまく。古くから連綿と繰り返されてきた「無意識的確率行動」である。一方で、予測へのやみがたい欲求は近代に入って「意識的確率概念」を生み出した。いまや科学の世界の法則は、数学という非日常的な言語をまとった確率概念があればこそ未来に対して意味をもつ。だが、日常言語との乖離の結果、「確率論神話」の台頭も避けがたいことだった。人間の認識能力の限界や悪夢のようなトートロジー(同語反復)…「確率」の意味をいま問い直す。

目次

  • 第1章 数概念の奥に潜む根本問題について(科学理論の記述になぜ数式は不可欠なのか;人類は「0」や「1」を生み出すまでに苦労した! ほか)
  • 第2章 無意識的な確率概念と意識的な確率概念(科学の世界の数式や記号は「ことば」である;科学表現理解の糸口としての確率概念 ほか)
  • 第3章 意識的確率概念の意義と限界(「証明」の限界について;長さや距離に「絶対」はあるか ほか)
  • 第4章 科学理論の本質と意識的確率概念のもつ課題(確率概念や偶然性についての決定論的見解;確率概念や偶然性についての非決定論的見解 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62125235
  • ISBN
    • 4769204493
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    245p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ