旧石器時代の型式学

書誌事項

旧石器時代の型式学

竹岡俊樹著

学生社, 2003.10

タイトル別名

旧石器時代の型式学

タイトル読み

キュウ セッキ ジダイ ノ ケイシキガク

大学図書館所蔵 件 / 86

注記

引用文献: p253-262

内容説明・目次

内容説明

日本の旧石器文化を解く石器の科学的分析法とは!旧石器時代の石器文化を再構築し、遺跡間の関係を解明する。日本の旧石器時代の「型式学」を具体例をあげて詳細に解説。

目次

  • 第1章 石器の観察と計測の方法(石器の観察方法;石器の観察例;器種分類;器種の観察方法;石器製作工程の復元)
  • 第2章 文化の分類と示準化石(器種分類と文化との関係;文化の種類;文化の出自と編年的位置づけ;文化の種類の把握の方法;形式について)
  • 第3章 文化の変容のとらえ方(明花向A系文化の検討;中村系文化の成立;国府系文化の変容)
  • 第4章 研究史について(編年研究;遺跡構造論と集団論;二極構造論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA64073391
  • ISBN
    • 4311300530
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    267p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ