江戸の情報力 : ウェブ化と知の流通

書誌事項

江戸の情報力 : ウェブ化と知の流通

市村佑一著

(講談社選書メチエ, 290)

講談社, 2004.1

タイトル読み

エド ノ ジョウホウリョク : ウェブカ ト チ ノ リュウツウ

大学図書館所蔵 件 / 149

注記

参考文献・史料: p214-222

内容説明・目次

内容説明

タテ=上意下達の伝達経路にとどまらず、ヨコ=私人同士のネットワークとウェブ化が花開いた時代。情報量の増大のみならず、手法の革新が新しい知のストックを築く。日本人の情報=知の感覚を育んだ江戸の底力を検証。

目次

  • 第1章 「公」の情報ネットワーク—情報の創出と管理(「公的情報」の環境整備;「上意下達」と「横並び感覚」 ほか)
  • 第2章 「私」の情報ネットワーク—「公的情報」を補う(武士たちのパーソナル・ネットワーク—広がる水平的回路;特定領域での情報網—蘭学から国学まで ほか)
  • 第3章 情報のウエッブ化—新しい情報発信と全国展開(不特定多数への情報発信;ニーズへの対応—速報性と宣伝力 ほか)
  • 第4章 日本的情報伝達の手法—ウエッブ展開を促したもの(「パッケージ」としての歌舞伎;感性情報の魅力 ほか)
  • 第5章 「知」のインフラを創る—情報のストックと組織力(巧みな組織力;多様な「スタンダード・モデル」の創出 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65341474
  • ISBN
    • 4062582902
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ