書誌事項

音楽史の基礎概念

カール・ダールハウス [著] ; 角倉一朗訳

白水社, 2004.3

タイトル別名

Grundlagen der Musikgeschichte

タイトル読み

オンガクシ ノ キソ ガイネン

大学図書館所蔵 件 / 170

注記

原書(Laaber-Verlag, c1977)の翻訳

参考文献: 巻末p21-27

内容説明・目次

内容説明

ヘーゲル、マルクス、ニーチェをはじめ、ブルクハルト、ヴェーバー、アドルノ、ガーダマーなどの歴史理論を背景にしながら、「音楽史学」の根本問題についてさまざまな角度から照明をあてる。音楽の歴史を、一般史学および哲学との関連から捉え直した「音楽史の理論」書。

目次

  • 第1章 歴史の喪失か
  • 第2章 歴史性と芸術性
  • 第3章 音楽史の事実とは何か
  • 第4章 音楽史の主体を問う
  • 第5章 歴史主義と伝統
  • 第6章 歴史的解釈学
  • 第7章 価値判断は対象か目的か
  • 第8章 音楽史の「相対的自律性」について
  • 第9章 構造史を考える
  • 第10章 受容史の諸問題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66038926
  • ISBN
    • 4560026564
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    255, 27p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ